2021.6.22 火曜日

「ロゴ制作+商標登録」一括サービス ロゴトアールと、他社サービスとの違い


「ロゴトアール」ウェブサイトにお越しいただきまして、ありがとうございます。

「ロゴマークの作成」と、その「商標登録」、両方を行う必要がある場合、どのようなサービスを利用すべきでしょうか。

もし、お近くにロゴマークの作成を依頼できるデザイナーがいらっしゃる、あるいは既にロゴマークはお持ちである場合は、あとは特許庁への商標登録手続きを代理する、弁理士を見つければよろしいかと思います。

ただし、出願前の調査の結果、「ロゴマーク(又は、そこに含まれる文字)」と同一又は類似の先願商標が見つかり、「このまま出願しても、商標登録は認められません」となる可能性があることは、ご注意ください。

一方、「そもそも、ロゴマーク作成を依頼できるデザイナーがまわりにいないし、商標登録(弁理士)もあてがない」という方。検索すると、ロゴマークの作成を引き受けるデザイン会社等のサービスは、数多くヒットするものと思います。

しかしながら、そうしたサービスに「商標登録」を紐づけて相談すると、「提携している弁理士を紹介します」という場合が多いのではないでしょうか。これだと、上述の「せっかくつくったロゴマークでも、商標登録できない(かも)」というリスクは、回避が難しくなります。そもそも、担当者もデザイナーと弁理士で異なり、窓口が異なる面倒や、総合的な相談ができないという不都合さもございます。

そんなときこそ!「ロゴトアール」の出番です。”デザイン・ディレクションの経験も豊富な、商標専門弁理士”が窓口となりますので、まず商標登録の相談に関しては不安がありません。そして、弁理士旧知の提携デザイナーと共に、作成段階から商標調査を重ねていき、「商標登録可能なロゴマーク」を作成いたします。このような「ロゴマーク制作+商標登録」一括のサービスは、あまりございません。

また、「ロゴトアール」では、費用と、そこに含まれるサービスを、できる限り当ウェブサイトにて予め開示しているため、ある程度の予算立てをすることも可能です(※正確な費用総額は、商標登録の範囲によって異なるため、ヒアリング後の御見積となります)。

もちろん、全国対応。遠くのお客様でも、電話やZOOM等のWeb会議サービスを利用することにより、丁寧なご対応が可能です。

いいロゴなのは大前提!(登録商標にだけ認められる)Ⓡマークもつけましょう!「ロゴトアール」をせひ、ご検討ください。